誰しもが持っているヘルペスについて知ろう

お薬通販ナビ

感染症

錠剤

ヘルペスとは、ヘルペスウイルスを持っている人がかかる病気です。大人になるまでに何らかの形で大半の人がヘルペスウイルスに感染しており、だいたい70%以上が最近を自分の体内に所有しているといわれています。しかし、最近は清潔な環境で暮らすことが多くなっていますから、大人でも感染者数はだんだんと減少傾向にあるといわれています。このヘルペスとは一般的なウイルスであり、特別凶悪なものでも死を運んでくるようなものでもありません。
これは普段体内にかくれてなにごともなくしていますが、ストレスや疲れなどによって免疫力が低下すると暴れ始めます。このヘルペスが暴れ始めると口の周りに水ぶくれができてしまいます。それも1つではなくいくつもの水ぶくれが集合している状態になっており、痛みやかゆみを伴うことが多いです。
このヘルペスは病院で簡単に治療ができますから、もし症状が出た、症状が出る気配がするという場合には、早々に病院で塗り薬などを貰って悪化する前に対処する必要があります。

基本的に性器や水疱瘡以外のヘルペスは口の周りにできてしまいますから、1度発症すると中々に目立ちます。それを見られるのが嫌、ヘルペス持ちだと知られたくないという人も多いですから、悪化する前の治療が重要です。
だいたいヘルペスは2週間程度治療にかかってしまいますから、適当に扱う、細菌がそこへ混入するようなことがあれば症状は悪化します。
傷跡にならないように綺麗に治療して下さい。

病気について

子供のうちにどこからか貰い、大人になると70%異常の人が感染しているという最近にヘルペスがあります。これは命を危険にするほどの病気ではありませんが、感染症ですから注意が必要となっています。

詳細を読む

口の周り

代表的なものに口唇ヘルペスがあります。これは疲れやストレスを感じて免疫力が弱ると出てくる症状であり、ヘルペスウイルスを所有している人ならば割りと頻繁に起こる症状の1つです。

詳細を読む

性器に

ヘルペスの中でもやっかいなのが性器にできるタイプのもので、これはいわゆる性病に分類されます。かかっていることがわかれば、すぐさま病院で適切な治療を受けなければ将来の妊娠機能に関わってくる可能性があります。

詳細を読む

↑ PAGE TOP